ゲームがないと間がもたないんですか?時代の流れにのまれてみました

小学生の子供の話です。4年生にもなってくると、決まった子と遊ぶ率が高くなってきます。その上周りの子供が ゲームを持っている率がかなりアップします。

ゲームはなるべくやらせたくない我が家だったのですが、周りの波にのまれて、ついにDSを買いました。本人が欲しがっていた「どうぶつの森」と周りの子に相談して「マリオカート」を買いました。

そんなまだ子供なんだし、ゲームなしでも遊べるだろうと思っていたのですが、一番おとなしい人見知りの子が遊びに来た時、こっそり会話をきき耳立ててみました。

挨拶はちゃんとして 2階に二人で上がっていきました。

「・・・・・・」
「・・・・・・・・・」

会話がありません。 なんてことでしょう。いったい何をしているんだ!!部屋をのぞきに行きたい衝動にかられながらじっと我慢をしていました。

しばらくすると、

うちの子:「ねー!このゲーム一緒にやる?」
友達:「やるー!」

それからは ゲームがどーたらこーたら。ここが失敗しただの、あっちをやろうとか多少の会話や、キャーだのワーだのが 聞こえてくるようになりました。

うちの子は決しておとなしい部類に入る子じゃないんですけど、こんなにお互いに会話がが成立しないと、何かツールがないと遊べないんですね。

一人でも盛り上げてくれてよくしゃべる子がいれば、割ともりあがるんですが、結局最後はゲーム大会になっています。外で遊ぶのも好きな子なので、なるべく外で遊ぶように言っています。

うちの近所は蚊が多い。しかもまだ日差しがきつくて暑い。結局 家に戻ってきて ゲームをしています。何人いてもゲームを囲んで、みんなが画面を見ている光景は異様で、親としては受け入れがたいですが、時代なんだろうなと思って気にしないようにしました。

結局 子供とうまく遊べない夫のために スイッチも購入してみました。おかげさまで 子供と夫が楽しく遊べています。ゲームは 子供とうまく遊べない大人にも役に立つらしいと、最近思うようになりました。

Proudly powered by WordPress |